インフルエンザ対策マニュアル

インフルエンザにかかると、軽症で済む人もいますが、肺炎などを併発して重症化してしまう人もいます。インフルエンザから身を守るためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

インフルエンザの場合と東京予防接種の医療機関

予防接種は、日本では伝染病予防法ではなく、予防接種法のほうで規定されています。インフルエンザの場合と東京予防接種の医療機関は予防接種法によりきめられています。ウィルスによって起こる感染症のインフルエンザも地方自治体の判断が優先して予防接種がおこなわれます。東京に住む人の場合は東京予防接種の医療機関によって実施されます。インフルエンザの症状は急激に発病し、高熱、頭痛、腰痛、筋肉痛、だるさなどの強い全身症状がまずみられます。数日たってせき、鼻水などの症状がみられるのが特徴です。年長児や成人ではとくに定期的で、流行期には医療機関により、予防接種がおこなわれます。東京予防接種は東京に住む人を対象におこなわれます。インフルエンザはA型、B型などがあります。A型インフルエンザは3年、4年ごとにその姿を変えて流行します。またほぼ10年ごとにはまったく変わって世界的な大流行をおこします。B型インフルエンザは5年、6年ごとに流行しますがA型ほど変わり方はいちじるしくありません。インフルエンザのうつりかたは二人に一人はかかりやすいといわれています。くしゃみやせきの飛沫を吸い込んでうつされるものと考えられています。インフルエンザウィルスに感染しないような予防と予防接種が一番の対策法になります。対策としては生活の中で手洗い、うがいをしっかりするようにします。部屋の換気を1時間から2時間おきにおこなうようにします。部屋の加湿をおこなうことも大切です。部屋の湿度を50パーセントから60パーセントにし、室温を20度前後に保つようにします。健康な体作りをして、感染しないようします。水分を取り、栄養のバランスを考えた食事をします。