インフルエンザ対策マニュアル

インフルエンザにかかると、軽症で済む人もいますが、肺炎などを併発して重症化してしまう人もいます。インフルエンザから身を守るためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

インフルエンザの種類と定義について

冬になる前にはインフルエンザの予防接種を受けようと言われますが、ウイルスには種類があります。よくA型など血液型のように型がついているので、なんだろうと思っていたことのある人もいるかもしれません。大まかに分けて三つあって、A型、B型、そしてC型となります。

一般的に流行しやすいインフルエンザはA型です。これはウイルス同士が融合して猛威を振るいやすいので、結果的に流行しやすくなると定義されています。高熱やのどの痛みなども強く、症状も分かりやすいのが特徴です。B型はそれほど強くはありませんし、きちんと予防接種をしてそれが合えば、全く流行しないとも言われます。お腹が痛くなったり下痢をしやすくなったり、消化器系に症状が出やすくなります。C型は一番弱く、幼児の頃に感染経験があるようなタイプです。症状も軽く、鼻水が出やすくなるぐらいとかなり一般的な風邪と間違いやすいぐらいです。

こうして種類を見ていると、インフルエンザにもいろいろあることが分かります。定義としても、風邪とは違い、全身症状を伴って主に気道を侵し、それから強い感染力で周囲の人にも感染していく伝染性感染症というものになっています。種類も複雑ですし、予防注射を受けに行く時にも定義を思い出してなるべくきちんと受診するといいでしょう。会社などでも補助を出してくれたりする場合もありますし、家に年配の人や小さな子供がいれば感染しやすくなります。

日頃の手洗いやうがいがインフルエンザから人々を守ります。自分は大丈夫だろうと過信せずに、マナーとして身支度を整えていく必要があります。会社や学校などでは流行しやすいので、季節が近づけば注意して早めの予防接種を心がけましょう。